看護師

テニス肘とは

肘

テニス肘の症状とテニス肘になる原因

コートの中を素早く動き、ボールを打ち返す必要のあるテニスなどは、それだけ四肢への負担も大きいです。そのため、テニス肘といった怪我に繋がる可能性があります。テニス肘とはテニスやバドミントンなどのラケットを使う競技に代表される怪我の一つです。無理な体勢からショットを打ったりすることなどで肘から先の筋肉を酷使する事により、健が炎症を起こしてしまう症状のことをテニス肘といいます。症状は酷使の具合などにより人それぞれですが、酷い時には普段通りに物を持つだけで痛みを感じてしまうことがあります。
テニス肘は日々テニスをしているような選手や部活生だけではなく、趣味でやっている中高年のプレイヤーなどにも珍しくありません。人の健もやはり加齢によって衰えていくため、普段運動や維持的なトレーニングをしない状態で酷使をすることでテニス肘になってしまうことがあります。

テニス肘に気をつけるために予防しよう

普段からテニス肘にならないように気をつける方法としては、身体を動かす前と動かした後にきちんとストレッチをするようにしましょう。普段から筋肉を柔軟にしておくことで、テニス肘になりにくいようにすることが大切ですテニス肘用のサポーターを使うのも効果的でしょう。また、テニス肘になってしまった際の治療は、基本的に保存療法になります。手首や指をストレッチしたりすることでゆっくり治していく治療方法です。他にも治療のためにテニス肘専用の装着バンドなどもあるため、専門医に相談してみましょう。症状が酷いときや保存治療での治療が難しい際には、最悪手術による治療なども必要となるため気をつけましょう。

髄膜腫について

女医

女性に多く発症が確認されている髄膜腫について、症状や原因、検査方法や治療方法などをまとめています。女性は勿論のこと、男性でも決して無関係な病気ではないため、覚えておきましょう。

もっと見る

癌性腹膜炎とは

メンズ

癌性腹膜炎の痛みと完治 概要:末期がんの際に起こる症状の一つである癌性腹膜炎。どういった原因で癌性腹膜炎になるのか、完治するのかなどの情報をまとめました。癌性腹膜炎について調べる際の参考にしましょう。

もっと見る

癌性胸膜炎について

女の人

肺癌などの癌と一緒に併発する病気の一つである、癌性胸膜炎について紹介しています。最近ではNK細胞療法など身体に負担が少ない療法も注目されているので、治療法の一つとして検討してみましょう。

もっと見る