医者
  1. ホーム
  2. 癌性腹膜炎とは

癌性腹膜炎とは

メンズ

癌の症状の一つである癌性腹膜炎とその原因

消化器系の癌は癌患者の4割以上を占めていて、癌の中で一番なりやすいものとなります。その症状の一つに、癌性腹膜炎という病気があります。癌性腹膜炎とは、大腸がんや胃がんなどの消化器系の癌、また子宮がんなどの婦人科系、生殖器系の癌の末期に起こる症状の一つです。原因としては、胃のしょう膜を破ってしまってお腹の中に癌腫瘍から剥がれ落ちたがん細胞が散らばってしまうことを指します。この際に、悪性の細胞が散らばってしまうため、癌性腹膜炎を発症してしまうのです。

癌性腹膜炎の主な症状と治療方法

癌性腹膜炎には神経的な痛みがあり、またお腹に水が溜まってしまう原因にもなります。お腹に水が溜まってしまうと胃を圧迫してしまい、嘔吐感や胸焼けだけではなく、呼吸困難や不整脈などを起こしてしまいます。この癌性腹膜炎を完治するということは難しく、進行を抑えるために治療をするということになってしまいます。理由としては、癌性腹膜炎は末期がんから起こる病気となり、完治をするのはほぼ不可能と言われています。また、癌性腹膜炎の治療は医師によっても主張は様々で、癌と同じように治療ができるという医師もいれば、治療を行おうとすることにより、かえって延命処置に悪影響が出てしまうと考えている医師などもいます。そのため、患者自身がどのような最後を迎えたいか医師にしっかりと自分の考えを伝える事が大切です。それにより、今後の治療方針や残された生活をどのように送れるかが決まります。