医者
  1. ホーム
  2. 癌性胸膜炎について

癌性胸膜炎について

女の人

癌の一種である癌性胸膜炎との原因と症状

癌性胸膜炎とは癌の一種で、胸膜に癌が散らばってしまうことによって、胸水に水が溜まってしまう病気です。癌性胸膜炎の原因となるものは、癌の中でも肺がんが原因となる場合が多いです。肺癌の他でも、胃癌や膵癌など、色々な癌から発症する頻度が高いものとなります。主な症状としては、咳が頻繁に出るようになり、それによる胸痛が起こります。癌性胸膜炎が悪化して胸に多量の水が蓄積されるようになってしまうと、呼吸困難などの症状も併発してしまいます。また、胸水は血液中のタンパク質が流失してしまうため、栄養失調などの症状が出てしまう事も多くあります。

癌性胸膜炎を治療するには│NK細胞治療法

癌性胸膜炎には最近新たに浸透してきた医療方法である、NK細胞療法が有効とも言われています。NK細胞はナチュラルキラー細胞といい、癌が身体に散らばると、この細胞を眠らせようとする働きをします。眠ってしまったNK細胞はがんを倒すことができず、癌が増えてしまうと行ったことが悪化する原因の一つとなります。そのため、採血によって自身の身体に持っている免疫細胞を摘出し、培養して定期的に点滴をして身体に戻していくといった療法です。医療による副作用は殆どなく、NK細胞が活性化するために一時的な発熱が起こったりする程度です。体に対する負担などもあまりなく、効果が実感しやすいため最近注目されている療法です。癌性胸膜炎の治療の際は、正式にNK細胞療法を行っている病院を視野にいれてみてはいかがでしょうか。